超狭帯域赤色LEDと青色LEDに近赤外線を配列

特定低周波×近赤外線×2種LED 頭皮活性システム

加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明

ではそのコラーゲンを産生させる方法は?

コラーゲンを生成する近赤外線を加えた最新の頭皮活性体験

LED hair growth equipment

「薄毛はコラーゲン減が要因」東京医科歯科大が解明!

ではそのコラーゲンを産生させる方法は!?


2016年、薄毛で悩む人たちにとって大きなニュースになったのが、この東京医科歯科大学の西村栄美教授らによる研究成果だと思います。


(日本経済新聞より)毛を生やすのは「毛包」という器官。毛包がうまく働かないと、脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっている。研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる現象に着目。マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。

17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。 人の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていた。

コラーゲン減少で、なぜ薄毛になるの?

そもそも髪を作る細胞自体が死んでしまう!

引用:報道ステーション2016年2月5日放送

下記に詳しく図解で説明されてます。

CH5

髪を作る細胞自体が死んでしまう

頭皮内コラーゲン減少が鍵

引用:報道ステーション2016年2月5日放送

報道ステーションでメカニズムが分かりやすく解説されていました。

髪サプライズ 男性ホルモン原因ではない薄毛

男性ホルモン原因ではない薄毛

これまでわかっていた薄毛の原因は、強力な男性ホルモンが引き起こすものだけだった。だが、今回解明されたのは男性ホルモン原因ではない薄毛。男女関係なく、「歳を取っていくことにより毛が薄くなっていくメカニズム」



髪サプライズ 毛包幹細胞はコラーゲンの一種

毛包幹細胞はコラーゲンの一種

毛を作る細胞、毛包幹細胞は、コラーゲンの一種に保護されている。この細胞は、毛と作るときに細胞分裂、DNAを傷つける。若いうちは自ら修復できるが、歳を取ると修復のためある酵素に頼らざるを得ない。



コラーゲンの保護を失った毛包幹細胞

コラーゲンの保護を失った毛包幹細胞

だが、その酵素はコラーゲンを分解してしまう。コラーゲンの保護を失った毛包幹細胞は、皮膚の表面へと追いやられ、毛穴が徐々に小さくなっていく。



髪サプライズ 髪はコラーゲンに鍵

髪はコラーゲンに鍵

細胞は、表面まで行くと、フケや垢となって皮膚から剥がれ落ち、毛穴すら無くなってしまうのだそう。遺伝子操作したマウスの実験によると、このコラーゲンを持っていないマウスは生後10カ月でほとんどの毛が抜け落ちる。



一方、このコラーゲンを体内で作り続けるマウスは、2年8カ月を過ぎても、毛がフサフサ。髪は、コラーゲンにあったのだ。

毛に関わるコラーゲンは

サプリでは摂取できない

引用:報道ステーション2016年2月5日放送

コラーゲン産生


コラーゲンを産生

頭皮内コラーゲンを生み出していくことが大切

報道ステーションでもありましたが、この毛髪にかかわる頭皮内のコラーゲンは、サプリなどでは摂取できないようです。

たしかに実際、コラーゲンサプリを摂ってもそれは体内でアミノ酸に分解され、そこからまた皮膚の中(真皮)の繊維芽細胞、毛包幹細胞が「人間用のコラーゲン」を生み出していくわけなので、結局コラーゲンは人間自ら作り出さなければならないものです。

東京医科歯科大学では5年~10年をかけて新薬の開発を進めていくそうです。



しかしその年月の間にも、ずっと私たちの頭皮からコラーゲンは減少していってしまうわけで・・・。

では私たちはどうしたらよいのでしょう?

↓そこで↓

Trial

「近赤外線」

コラーゲンを生成

超狭帯域赤色LEDで頭皮内コラーゲンを産生

※美容機器のためすべての方に当てはまるわけではありません。

今すぐ、髪サプライズをご体験ください




髪サプライズ正規導入店一覧
髪サプライズ正規導入店一覧

Copyright © 2016 株式会社ジェイ・ファミリー All Rights Reserved.